新しいヒーリングツール「ヒーリングドラム」

  • 2018.12.23 Sunday
  • 23:32

純国産ライアー、音叉に続いて、音の仲間が加わりました。

 

 

軽くて、音も良くて、ヒーリングにぴったりのものを探していましたが、

この度、出会うことができました。

 

それは「ヒーリングドラム」です。

 

わたしのヒーリングドラムは「ペンタトニック」(Cメジャーペンタトニック)です。

純国産ライアーのペンタトニックとは音階がちがいます。

 

そもそも、「ペンタトニック」というのは「5音」という意味。

 

ここではその5音の音階について説明していきたいと思います。

このドラムにはドレミファソラシドのうち、「ファ」と「シ」のない5音で構成されています。

つまり、「ドレミソラ」の5音です。

日本語では四七抜き(ヨナ抜き)音階と言われています。

 

ヨナ抜き長音階を、西洋音楽の長音階に当てはめたときに主音(ド)から四つ目のファと、七つ目のシがない音階(ドレミソラ)のことになります。

雅楽の呂旋法がこれに当たり、西洋音楽関係者が日本音階の特徴として名付けたものです。

なお、ピアノなどにおける黒鍵部分の5音がこの音階に相当します。

 

「ド・レ・ミ・ソ・ラ」の5音は、

 

「金・木・水・火・土」

 

五臓「心・肝・脾・肺・腎」

 

五性「仁・義・礼・智・信」

 

に 対応しており、

 

それぞれのエネルギーバランスを調和し、 穏やかに働きを整えると言われます。

 

 

次にこのドラムの音色についてですが、

 

『ヒーリングドラム』の柔らかな音色は、 瞑想、ヨガ、座禅、武道、舞踊、茶道、宗教など精神を修養するための様々な思いと融合し、 和やかで穏やかな精神状態を生み、

意識の奥深くに存在する、 本能、智慧、自然治癒力を覚醒、感性、霊性を深め、潜在力を引き出します。

 

また、音が生み出す清らかな波動が、空間、精神、魂を浄化。

まろやかで美しい音色に呼吸と意識を集中することで肉体と精神が調和、直感力や集中力を高め、 魂の奥に眠る深いメッセージを感じとる感性を養います。

 

『ヒーリングドラム』は、穏やかに精神性を高め、癒しの音色で、深く清らかに心身を整えます。  

 

 

 

音叉は音叉で、

 

ライアーはライアーで、

 

ヒーリングドラムはヒーリングドラムで、

 

ヒーリングの効果、守備範囲が違います。

 

 

今後は、個人セッション、瞑想会などでも活躍していきますので、

体験をお楽しみに~!